美肌によいコラーゲンの正体は?

体内の40パーセントがタンパク質でその中の、3分の1がコラーゲンです。
                                             

コラーゲンは、美肌の為だけではなく、健康面での働きも非常に強くもっています。
その役割には、間接や軟骨に多く含まれているもの、臓器に含まれて細かい繊維で組織に柔軟性を与えるもの、皮膚に表皮と真皮をつなげる働きを持ったものなど種類も非常に沢山あり体内におよそ30種類のもコラーゲンがあると言われています。
                                           

サプリメントなどで、摂取することが効果的と思われがちですが、実は身近な食材にも多くのコラーゲンが含まれています。一番、摂取しやすい食材ですと、鳥の手羽先や鳥皮などが有名ですが、この他にもうなぎや豚肉にも含まれています。
コラーゲンだけで摂取しても効果はあまりありませんので、ビタミンCやEなどを多く含む食材など一緒に食べると効果的です。
                                                      

私達の体に必要なコラーゲンですが40歳を境に減少していきます。
作り出す能力は60代になると、20代の頃の30パーセント以下になってしまいます。
                                            

この結果、年齢を重ねてくると、、お肌の弾力が無くなり、たるみなどが出てしまうのです。食事などで補いきれない部分はサプリメントなどを利用すると手軽で良いです。