アンチエイジング効果がある

シワやたるみ対策にはコラーゲンと思っている人も多いのではないでしょうか。肌のハリが気になり始めた人は、化粧品や食品でもコラーゲン入りなんて書いてあるとついつい手に取ってしまうものです。
                                  

コラーゲンはどのようなもので、なぜ肌に良いと言われているのでしょうか。
人の身体は大人で約半分強は水分が占めていますが、残りの半分弱の大半はたんぱく質で、その大半をコラーゲンが占めているのです。コラーゲンは編み目のように構造を作って肌の弾力を守っています。肌内部の真皮では約70パーセントがコラーゲンでできており、エラスチンやヒアルロン酸が編み目を止めたり隙間を埋めているのです。
                                   

しかし、年齢とともにコラーゲンの生成が少なくなり、質が低下してしまうことで肌の弾力性が失われ、シワやたるみの原因となります。
                                            

そこで食品やサプリメントなどで補うことが大切なのです。効率の良い摂り方はビタミンCと一緒に摂取することです。体内でコラーゲンを生成するときにビタミンCが必要となるため、積極的に摂ることが理想です。
                                          

アンチエイジングを気にしている方にとって食べるものやスキンケアはとても大切です。コラーゲンを意識して摂取することが肌の弾力性を取り戻す近道です。

Comments are closed.