コラーゲンの効果と働きについて

加齢に応じて皮膚組織の活力は徐々に退化し、コラーゲンが減少すると水分保持能力が低下して皮膚は弾力性を失い、皮膚組織が破裂されます。
したがって、皮膚は敏感になって乾燥状態になり、黒い斑点や小ジワが生じる原因となります。
                                   

コラーゲンは人体の各部位に多量に含まれ、細胞と細胞をつなぐ輪のような役割をするタンパク質であり、皮膚の潤いや弾力を維持させる働きをします。
しかし、18才以降はコラーゲンの生産が減少してハリとツヤがなくなり、シワやシミなどが生じるようになります。
                                         

また、40代になるとコラーゲンは10代に比べ、半分以下となってシワやそばかすなどの肌トラブルや骨と関節が弱くなるだけでなく、血管や髪まで影響を与えて老化が進行されることになります。
                                   

コラーゲンは体を構成するタンパク質のうち、なんと3分の1を占めており、新陳代謝を活発にしてくれるなど体全体の流れを作る重要な役割を果たしています。
                                  

詰まった体の流れを回復し、正常な機能を取り戻すためには良質のコラーゲンを積極的に摂取する必要があり、このように不足しているコラーゲンを常に摂取することにより、新しい細胞の生成や体内の合成能力を促進することができます。

Comments are closed.