コラーゲン鍋って効果あるの?

コラーゲンボールとは、牛すじや豚足などといった動物性と、カレイ、うなぎなどの海洋性の食材から抽出したコラーゲンを固めてボール状にしたもので、料理に入れて溶かすだけで簡単にコラーゲンが摂取できる事から人気が高いです。
ヘルシーな鍋料理などに入れて使う事が多いですが、味噌汁やラーメンなど色々な料理に入れる事もあります。
                                         

ボールそのものは無味無臭である事から、食材の美味しさを邪魔しないのも大きな特徴であるといえます。
                                                      

コラーゲン鍋を作る事によって、ビタミンCや鉄分、マグネシウムなども一緒に摂る事が出来ます。
コラーゲンを単体で摂る時と比較すると、より吸収率が高まり、十分な効果を得られるという性質があります。
ドリンクなどで手軽に摂るのも決して悪い事ではありませんが、せっかく摂取するなら効率の良さにもこだわりたいです。
                                           

コラーゲンボールはどうやって入手するか?という点ですが、ゼラチンとお湯だけで簡単に作る事が出来ます。
お湯の量が多すぎるとうまく固まらないので、ゼリーなどを作る際に使う量の半分程度と覚えておくと大変便利です。
                                       

一旦作ったものがどの程度持つのかわかりませんが、自分で作った物なら安心して使う事が出来ますし、費用も掛からず安心です。”

Comments are closed.