コラーゲンペプチドって何?

コラーゲンペプチドとはペプチンという酵素を使ってゼラチンを分解したもので、分子が小さいコラーゲンになります。
                                                   
牛や豚・魚など安全な家畜から作られていて、ゼラチンとほぼ同じアミノ酸組成をもっています。コラーゲンが胃腸で消化された状態をあらかじめつくったものになります。コラーゲンはもともと体に吸収しにくい性質をもっているので、分子を小さくすることによって体の吸収率が高まるといった働きがあります。
女性03                                       

ゲル化しない特徴があるので、冷却してもゼリー状にはならないよいう特性がありドリンクやスープにたくさん用いられています。美肌効果があり、皮膚の下の真皮にある肌を作り出す細胞に働きかけて増殖させるので、肌にハリや弾力性があらわれてきます。シワやたるみの改善になりアンチエイジング効果があります。
                                                 

摂取するときには、アミノ酸バランスが良いたんぱく質やコラーゲンの合成に働きかけるビタミンCと一緒に摂取すると相互作用がありより効果的になります。髪や爪のツヤを出す効果や新陳代謝を活発にして脂肪の蓄積を抑える効果などがあります。さまざまな効果は1日経つとなくなってしまうので、代謝をスムーズにさせるのは、毎日摂取することが大切になります。

Comments are closed.