どんな食品に多く含まれている?

コラーゲンを多く含む食品には、すっぽん・手羽先・豚足・うなぎ・フカヒレ・鶏皮・牛筋などがあります。これらの食品を食事で摂取する場合には、スープも飲むことが大切です。
                                        

それらの食材を加熱して調理することで、コラーゲンがスープに溶け出しています。食材から出たコラーゲンがたっぷりと入っているスープは、コラーゲン摂取にはとても大切です。すっぽんやフカヒレなどはスープでよく調理されるので、効率よく摂取することができます。 
                                      

手羽先やうなぎ、鶏皮などは、その食材を焼いたりすることでコラーゲンが溶けだす心配がなく効率よく摂取することができますし、手羽先などをスープにすることでダシがよくでて、美味しいスープを作ることができます。牛筋煮込みなども美味しい調理法ですが、お勧めの調理法はカレーです。
                                                  

牛筋はしっかりの煮込むことで柔らかく食べられる食材ですが、カレーにすることでしっかりと煮込むことができ、その煮込んだ煮汁をカレーのダシとして使用することで美味しくなり、しかも溶けだしたコラーゲンを無駄なく摂取することができます。毎日の料理をアレンジして楽しく、しかも美味しく食べることで毎日飽きることなくコラーゲン摂取ができ美容や健康に役立ちます。

Comments are closed.